トップ新着情報日本炎症・再生医学会利益相反coi第41回日本炎症・再生医学会オープンアクセス学会誌入会案内リンク

一般社団法人 日本炎症・再生医学会
The Japanese Society of Inflammation and Regeneration

一般社団法人 日本炎症・再生医学会 事務局:
  〒160-0016 東京都新宿区信濃町35 (一財)国際医学情報センター内
TEL:03-3226-1250 FAX:03-5361-7091
E-mail:jsir@imic.or.jp
 
一般社団法人 日本炎症・再生医学会 理事長:
  竹内 勤(慶應義塾大学医学部内科学教室リウマチ・膠原病内科 教授)
 
一般社団法人 日本炎症・再生医学会 理事/監事 :
  理事:天谷雅行、石井優、岡野栄之、椛島健治、熊ノ郷淳、田賀哲也
   高柳広、竹内勤、田中良哉、田畑泰彦、三森経世
監事:亀田秀人、佐田政隆
 
設 立: 2018年8月1日

挨 拶:

一般社団法人 日本炎症・再生医学会 理事長 竹内 勤

理事長 竹内 勤
日本炎症・再生医学会
理事長 竹内 勤
 本学会は、1980年に『日本炎症学会』として発足し、爾来、炎症をめぐる基礎的・臨床的研究を推進し支えて参りました。2000年、炎症の修復過程での創傷治癒研究から組織再生の重要が指摘され、一連の学際的な領域をより広く包含する学会へと発展を遂げるべく学会名を『日本炎症・再生医学会』とし、新たな活動を開始いたしました。この間、炎症医学領域、再生医学領域それぞれの最先端研究が展開されると同時に、炎症と再生の接点に焦点を当てた本学会ならではの独創的研究も活発に行われるようになり、今日に至っております。

 本学会ならではの特色として、対象とする学術領域だけではなく産学の緊密な連携によって、組織横断的に炎症・再生医学を研究する点も挙げることができます。アカデミアの研究交流はもちろんの事、炎症や再生に関する創薬を進める製薬企業の研究者が集い、会社間の垣根を越えた討論の場として産学連携が実践されています。実証的に真理を解明し、それによって問題を解決する科学的な姿勢を常に持って、基礎的研究から生まれる画期的なイノベーションを醸成し圧倒的な臨床サイエンス力によってそれを実用化していくべく、炎症・再生医学に新しい息吹を吹き込んで行きたいと思います。そのためには、新時代に相応しいテクノロジーや病態理解、さらには最先端治療を捉え、それを学術集会に反映させ活発な学会活動を展開する必要があります。

 本学会はさらなる発展に向け、2018年8月1日に『一般社団法人 日本炎症・再生医学会』を設立いたしました。日本炎症・再生医学会の会員の皆様におかれましては、本年4月以降は一般社団法人 日本炎症・再生医学会の会員に移行されますが、任意団体の日本炎症・再生医学会も2019年7月16日の定時総会迄は事務的対応のため存続いたします。

 今後とも、引き続きご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。